COMPANY会社案内

  • Technology
  • Quality
  • Service

Technology 常に時代の先駆者として。

ひずみゲージを中核とした応力測定の技術は、あらゆる構造物の安全性と経済性を支える上で欠くことができません。東京測器研究所は、これら応力測定機器の専業メーカとして独自の技術力を培い、さまざまな分野の技術の進展に貢献してまいりました。つねに、時代ごとのニーズをとらえ、お客様に安心して信頼していただける製品を提供することで、50年以上にわたる歴史を重ねてまいりました。

当社製品の中心となるひずみゲージにおいては、1956年に、世界で初めてポリエステルゲージを発表。それまでの主流であったペーパゲージと比較してゲージベースの耐湿性を飛躍的に向上させました。その後の箔ひずみゲージをはじめ、高温用ひずみゲージの開発などに代表される豊富な技術は、さまざまな環境下で確かな計測の実現を可能にしてきました。

ひずみゲージを応用した変換器の分野では、ゲージメーカとしてのノウハウを活かして、荷重計、変位計をはじめとする多彩な製品を開発・製造しています。各種試験研究から生産工程管理、保守および施工管理など幅広い分野で使用されるこれら変換器は、その精度、信頼性、使いやすさなどにより高い評価をいただいてまいりました。さまざまな環境条件や測定対象に対応する数多くの一般用および土木建築用変換器の開発は、ひずみゲージ式変換器の活躍するフィールドをさらに大きく広げ続けています。

一方測定器の分野では、ポータブルタイプのデジタル式ひずみ測定器を業界に先がけて1972年に開発しました。同器は多点の自動切換測定により高速で信頼性に優れた測定を提供し、それまでの静ひずみ測定の概念を大きく変える画期的な製品となりました。この技術は現在の「TMLデータロガー」をはじめとする測定器に引き継がれています。また1980年には当社独自のヒストグラムレコーダを開発し、データ解析の分野でも実績を重ねています。

さらに近年では、応力測定分野で長年にわたって蓄積してきたノウハウを活用して、お客様のさまざまなニーズに対応する計測コンサルタント業務を行っています。各種構造物の実験や施工管理のために、計測計画から計器設置、測定、解析まで、ご要望にお応えしています。東京測器研究所は、船舶、鉄道、自動車から、橋梁、ダム、高層建築物に至るまで、時代を支えてきたあらゆる構造物の安全性と経済性の向上に貢献し続けています。その実績に根ざしたさらなる技術の開発と、より確かな製品を生むための品質保証体制の確立を両輪として、さらに効率の良い優れた「計測システム」の創造に取り組んでいきたいと考えています。

このページのTOPへ