頻繁に尋ねられる質問

PRODUCTS製品・サービス一覧

摩擦型軸ひずみ計 FGAH-1B-R /FGAH-1B-H

摩擦型軸ひずみ計はタイロッド( テンションロッド) の軸ひずみを測定するセンサです。自動車のステアリングタイロッドだけでなく、耐震補強における建築構造物や鉄骨工事におけるテンションロッド張力の測定もできます。軸ひずみや張力測定では取付け作業に専門の技術と煩雑な作業が伴いますが、この軸ひずみ計は摩擦ひずみゲージを用いているため、装着時にロッドの取り外しが不要で、既設部材を挟み込みねじ止めするだけで装着が完了し、測定ができます。スペーサ・固定金具の交換により丸棒、六角断面のロッド軸ひずみ測定に使用できます。


型 名 FGAH-1B-R FGAH-1B-H
適用ロッド径 丸棒
φ 10.0 〜 25.0mm
六角断面 二面幅
10.0 〜 25.0mm
容量
約1000×10-6ひずみ
定格出力
約2600× 10-6ひずみ
非直線性 1%RO
許容温度範囲 -30〜+60℃(結露を除く)
応答周波数 約6.5kHz
入出力抵抗値 1000Ω±3%
測定モード 4ゲージ
寸法 約φ52×35mm
質量 約55g(スペーサ、ケーブルを除く)
保護等級 IP51 相当
推奨印加電圧 2V
許容印加電圧 5V
入出力ケーブル φ3.2mm 0.08mm2、4心シールドビニールケーブル 5m 先端ばら線

【試験条件】 試験片
 @ 直径 10mm
 A 内径 6.2mm
 B 材質 SNCM439
 C 弾性係数 210,000N/mm2 (当社による試験結果)
 D ポアソン比 0.29 (当社による試験結果)
 E 表面粗さ Ra1.2
 F 硬さ HRC38

*:シャフトの材質、表面粗さ、表面処理によって適応できない場合もございます。

特徴

  • 既設ロッドを取外すことなく、挟み込んで取付け
  • 土木工事の矢板間や建築構造物におけるロッドの張力管理が容易で、取り外して再利用も可能
  • 適用ロッド径は丸棒φ10 〜25mm、二面幅10 〜25mm
  • 狭いところでも取付け可能な小型で軽量なデザイン

詳細資料

このページのTOPへ