頻繁に尋ねられる質問

PRODUCTS製品・サービス一覧

傾斜計インデックス

  • KB-AB/KB-AC 据置型傾斜計 [±1〜5°]
  • KB-AB/KB-AC
    低容量型の傾斜計です。都市土木などにおける近接構造物の変状管理計器として使用されます。KB-AB型は1軸用で、KB-AC型はX方向とY方向の測定が1台でできる2軸型です。
    アレスタ内蔵も製作可能です。
    熱電対を内蔵した測温機能付もあります。
  • KB-DB/KB-EB 小型傾斜計 [±5/±10°]
  • KB-DB/KB-EC
    構造物の施工管理および長期間にわたる構造物の挙動測定に適した傾斜計です。測定軸数によってKB-DB型とKB-EB型を揃えてあり、KB-DB型は1方向測定のみ、KB-EB型は1台でX方向とY方向の2方向が同時に測定できます。アレスタ内蔵も製作可能です。
  • KB-JG/KB-KG 多段式傾斜計 [±5/±10°]
  • KB-JE/KB-KE
    地山の変位や構造物変位の自動計測を行う傾斜計です。あらかじめ、専用ガイド管を地盤や構造物に設置し、ガイド管内に複数の傾斜計を測定位置にくるように中継ロッド(KBF-JG33/KBF-KG33)で接続し固定します。TMLデータロガーTDSシリーズを使用することにより自動計測が行えます。またTDS-630を使用しますと変位のグラフィック表示も可能です。地滑り変位測定や土留め壁の変位測定などに使用されます。測定軸数によってKB-JG型とKB-KG型を揃えてあり、KB-JG型は1方向測定のみ、KB-KG型は1台でX方向とY方向の2方向が同時に測定できます。
  • KB-JH/KB-KH 多段式傾斜計 [±5/±10°]
  • KB-JF/KB-KF
    多段式傾斜計KB-JH/KB-KHをベースにした傾斜計です。孔径の大きなガイド管(KBF-21)と組み合わせることで最大31段までの測定ができます。TMLデータロガーTDSシリーズを使用することにより自動計測が行えます。また、TDS-630を使用すると変位のグラフィック表示もできます。地滑り変位測定や土留め壁の変位測定などに使用されています。また、KB-KH型は、X方向とY方向の測定が1台で行えます。アレスタ内蔵も製作可能です。
  • KB-KD 多段式傾斜計 [±5/±10°]
  • KB-KD
    高出力の多段式傾斜計です。アルミガイド管KBF-31またはABSガイド管KBF-51-2と組み合わせて使用します。
  • NKB-LE/NKB-ME ネットワーク対応型多段式傾斜計 [±5/±10°]
  • NKB-LE/NKB-ME
    地盤や構造物の変位を自動計測するために開発した傾斜計です。あらかじめ、専用ガイド管を地盤や構造物に鉛直に設置し、ガイド管に複数の傾斜計を測定位置に来るように中継ロッド(KBF-33)で接続し固定します。傾斜計にネットワークモジュールが内蔵されていますので、傾斜計は順次1本のケーブルで接続されます。地すべり変位測定や土留め壁の変位測定などに使用されます。
    NKB-LE型は1方向のみ、NKB-MEは1台でX方向とY方向が同時に測定できます。
  • KB-P 埋設型傾斜計 [±5/±10°]
  • KB-P
    地盤内の地滑り変位や構造物の変位などの測定に使用します。φ66mm以上のボーリング孔内に専用中継パイプとともに測定ポイントに合わせ、多段式に接続します。傾斜計の固定はボーリング孔とのすきまにグラウトを注入します。(アレスタ内蔵)
  • KB-GC/KB-HC 挿入型傾斜計 [±5/±10°]
  • KB-GC/KB-HC
    地盤や構造物の変位を測定する傾斜計です。あらかじめ、専用ガイド管を地盤や構造物に鉛直に設置し、傾斜計を挿入して管内の傾斜角を測定し、変位量を求めます。地山の地滑りの変位測定や土留め壁の変位測定などに使用されます。また、KB-HC型は、X方向とY方向が同時に測定できます。
  • 傾斜計用関連製品
  • 多段式・埋設型傾斜計の関連製品
    ガイド管 KBF-31/KBF-21/KBF-51
    ガイド管ソケット KBF-32/KBF-22/KBF-52
    ロッドエンド
    ケーブルホルダ KBF-37
    リベット KBF-38/KBF-28
    リベッタ KBF-39
    吊り金具 KBF-39-2
    中継ロッド
    ストロングパッカー SE-90/SE-120/SE-150
  • IA-33 2軸挿入型傾斜計用アダプタPDFPDFファイルが開きます
    TMLデジタルひずみ測定器TC-32Kで2軸挿入型傾斜計のX軸、Y軸の同時モニタが可能です。

このページのTOPへ